スウェーデントーチ

薪と針金でつくるスウェーデントーチ(っぽいもの)【動画もあります】

スウェーデントーチを自分でつくりたい。けど丸太がない…。

 

丸太がなくてもスウェーデントーチはつくれます。

詳しくいえば、薪や太めの枝なんかをつかって形をマネすれば、似たものがつくれます。

今回は薪と針金でスウェーデントーチ(っぽいもの)をつくってみました。

動画もあるので、やってみたい方はぜひ見てみてください。

 

スウェーデントーチ(っぽいもの)をつくるために用意するもの

用意するものは3つです。

乾燥した太めの薪

カラッカラに乾燥したスギとヒノキの薪をつかいました。

針葉樹の薪だと火がつきやすくて着火が簡単です。

針金

薪を束ねるためにつかいます。

ノコギリ

スウェーデントーチの中心になる薪をカットするのにつかいます。

 

薪と針金でのトーチのつくり方

つくりかたはめちゃくちゃ単純。

まず中心になる薪を短くカットします。

カットした薪を中心に置いて、その周りを長い薪で囲んでいきます。

うまく形がつくれたら、下を針金で固定します。

はい、これで完成。

上から見るとちょっと不細工ですが、スウェーデントーチとしての形にはなっています。

スキマだらけなので、横からしっかり空気も入るはず。

 

燃やしてみるとこんな感じ

さっそく外で燃やしてみました。

火の付け方はふつうのスウェーデントーチとだいたい同じです。

今回は真ん中に新聞紙をいれて火をつけて、スギの枯葉と皮を追加して着火しました。

(もしなかなか着火ないときは、着火剤をつかうと簡単です)

着火から燃え尽きるまで、50分くらいでした(炎に勢いがあるのは30分くらい)。

 

動画もつくってみました

つくり方と燃える様子を動画に編集しました。

雰囲気がよくわかると思うので、よかったらぜひ見てみてください。


・・・

以上、薪と針金でのスウェーデントーチづくりでした。

おしまい!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です