スウェーデントーチ

丸太をつかった伝統的な焚き火道具「スウェーデントーチ」、そのすごさを紹介します!

スウェーデントーチって聞いたことあるけど、どんなもの?

どうやってつかうの?

僕は林業を始めてから「スウェーデントーチ」というすばらしいものを知りました。

この記事ではスウェーデントーチ について、僕の知るかぎりを詳しく解説します。

スウェーデントーチって何?

スウェーデントーチを簡単にいうと、切れ込みが入った丸太です。

その切れ込みの中心に火を灯してつかう、とってもシャレた焚き火道具です。

そもそもの用途はかがり火炎の照明です。

名前のとおり北欧由来のもので、調べてみると発祥はスウェーデンではなくフィンランドとのこと。

また、これにはいろいろな呼び方があります。僕が見たり聞いたりしたのは下記の5つ。

  • スウェーデントーチ
  • スウェディッシュトーチ
  • ウッドキャンドル
  • きこりのロウソク
  • きこりストーブ

おそらくスウェーデントーチという名称が一般的。

理由は以前、サントリー「オールフリー」のCMで登場したこと。

佐々木蔵之介さんが「スウェーデントーチ」という言葉を使っているので、その認知度が高いのかなと思います。

↓オールフリーのCM(35秒あたりから注目!)

【スウェーデントーチの使い方】火の付け方〜あと始末まで

まず、使うときの注意点です。

  1. 焚き火をやっても大丈夫な屋外で燃やしてください。もちろん煙も出ますので屋内はぜったいダメ。
  2. 火が落ちてコゲても大丈夫な地面や台の上で燃やしてください。丸太の底は燃え残りますが、燃え尽きて形が崩れてくると火が周囲に落ちます。

この2つは十分注意してから使ってください。

①火をつける

トーチに着火させるには手順があります。

簡単に説明すると、一番簡単なのは着火剤を使う方法。

↓こんなやつ。(固形、ジェル状、パック状などいろんな種類あり)

切れ込みの真ん中に着火剤をかるく差し込んで、それにライターで火をつけます。

着火剤は火をつけると全体に燃え広がるので、絶対に手に持ったまま着火しないでください。

着火剤だけでは燃え移らないこともあるので、焚きつけになるものも一緒に燃やします。

は火力が強くて燃えやすいので、細かく割った竹は焚きつけとして重宝します。

ほかにも小枝などは焚きつけとして使えます。量販品の割り箸でもOK。

焚きつけを5〜10分くらい燃やせば、トーチへ引火します。

もしも燃えの広がりが弱い場合、息を吹きかけて空気を送れば火力があがります。

がんばってフーフー吹いてください!(火吹き竹があるととっても便利)。

また、トーチの内部が燃えていても炎が立ち上らない場合、空気が足りていない or 温度が十分上がっていないのが原因です。

しっかり空気を送って火力をあげてやってください。

火力がある程度増すと、炎が安定して立ち上るようになります。

トーチに着火させるまでを動画つきでまとめています(雰囲気がよくわかるかも)

【動画あり】スウェーデントーチの着火方法を紹介します。

②あとは燃え尽きるまで楽しむ

いったん炎が上がれば、あとは自然に燃えてくれます。

トーチの炎を使えばマシュマロやソーセージが焼けたり、ヤカンでお湯がわかせます。

最低でも1時間は燃えてくれます。なので途中で消したい場合は水をぶっかけてください

③燃え尽きたあと

スウェーデントーチは全部が燃え尽きるわけではありません。

↓下の土台や支柱の一部は残ります。

これは単純にゴミですが、焚き火や薪ストーブ、バーベキューなんかの燃料になります。

↓斧で割って薪として使えます。

火が消えてもすぐには温度が下がりません。片付けるなら数時間はほっとくか、水をかけて冷ましてください。

スウェーデントーチの3つのスゴさ

こいつのスゴいところを一言でいえば、一度火をつけると「めっちゃくちゃ安定した炎が生まれる」ことです。

中心から燃えていくので、雨が降ってもまず消えません

外側まで燃え広がっていなければ、着火したまま素手で持ち運びできます

そして1〜2時間は燃え続けてくれます(大きさ・樹種・切れ込み数で燃え尽きる時間は変わります)。

まとめると、下記の役割をすべて備えています。

  • ロウソク(照明+着火源)
  • ストーブ(暖をとる熱源)
  • コンロ(調理用の熱源+五徳)

なのでスウェーデントーチから生まれる火は、普通の焚き火とは別物です。

僕が思うスウェーデントーチの素晴らしさは下記の3つです。

①灯りとしての美しさ

僕が初めてスウェーデントーチを見たとき、その灯りの美しさに驚きました。

スウェーデントーチの特徴である切れ込み。

その数は

  • 4分割
  • 6分割
  • 8分割

など、とくに決まりはありません(多いほど空気が入り火力が増します)。

切れ込みから空気が入り上昇することで、まるでロウソクのような炎が立ち上ります。

同時に光が内側からもれることで、とてもきれいな陰影が周囲に生まれます。

夏の夜に火をつければ屋外のステキな灯りとして、また花火に火をつけるロウソクがわりとして活躍します。

②焚き火としての手軽さ

スウェーデントーチは一度火がついたらまず消えません。

いわば非常にシンプルで無駄のない、洗練された焚き火が手軽にできます。

丸太1本で完結しているので、焚き火のように木を集めたりセッティングする必要がありません。

(準備するのは焚き火の醍醐味ともいえるけど)

③調理用熱源としての便利さ

スウェーデントーチの上にコッヘルやケトルをのっければ、そのままお湯が沸かせます。

スキレットなんかをのせれば炒め物ができます。

直火でマシュマロやウインナーが焼けます。

調理用の熱源と、五徳としての機能を初めから備えています。

これも普通の焚き火と大きく違います。

スウェーデントーチの大きさ・燃焼時間・樹種は?

スウェーデントーチは一般的に売られているのものだと、

  • 高さ:35〜40cm
  • 太さ:20〜25cm
  • 燃焼時間:1〜2時間(長いと3時間以上)

くらいが多いです。

薪と同じで、樹種によって燃焼時間と火力は大きく違ってきます。

  • 【針葉樹】スギ、ヒノキ、マツなど。火がつきやすく火力が強い。燃焼時間は1〜1.5時間くらい。
  • 【広葉樹】カシ、コナラ、クヌギ、ウバメガシなど。火がつきにくく長くゆっくり燃える。燃焼時間は長ければ3時間以上。

つかったことがない人は、まず手軽な針葉樹のトーチを燃やしてみるのがいいと思います。

広葉樹のトーチは、ものによってはほんとうに長く燃えます(夜〜朝方までとか)。

燃焼時間は木の樹種にくわえて「樹齢による密度」でも変わってくるので、一概にはいえません。下記は重さをくらべた過去記事です。

コナラがめちゃくちゃ重かったので、針葉樹と重さをくらべてみた。

スウェーデントーチのつくり方

つくり方としては30〜40cmくらいの丸太をチェーンソーで縦に切るだけです。

けれど、ほかにもつくる上で考えるポイントがあります。

  • 縦に切るのは抵抗が大きいのでチェーンソーの切れ味必須。
  • 丸太は重いのでそれなりに力が必要。
  • 木の皮に虫が入るのがイヤなら皮を剥くこと。
  • 燃やすためにはしっかり乾燥させること(半年〜1年以上)

木の皮むきについて興味あれば過去記事をご覧ください。

【丸太の皮むき方法】道具はとりあえずナタ1本あればOK。

試しに針葉樹のミニサイズをつくってみました。

  • 高さ:20cm
  • 太さ:10cm
  • 燃焼時間:30分くらい

ちょっと使いたいときに便利なサイズ。自分でつくれるなら小さくても全然ありです。

ただ丸太の自重がない分、切る難易度がグンと上がるのでコツがいります。

ちなみに、薪を束ねてもスウェーデントーチと同じようなものがつくれます。

薪と針金でつくるスウェーデントーチ(っぽいもの)【動画もあります】

燃える様子の動画を撮ってみました

自作のスウェーデントーチの燃え尽きるまでを撮影してみました。

形が崩れていく様も魅力の1つです。

 

・・・

以上、スウェーデントーチの紹介でした。

いま、僕らが日常生活でつかう火といえば、ガスコンロなんかの完璧に安定した火です。

それとくらべて焚き火やトーチの火は、めちゃくちゃゆらぎがあります。

それは見ていて飽きないし、ゆったりした不思議な時間の感覚になります。

火を囲むのはいいもんです。

おしまい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です