【丸太の皮むき方法】道具はとりあえずナタ1本あればOK。

木のはなし

スギの丸太の皮むきをやっています。

木の皮むきなんてやったことなかったので、

  • どの程度むけばいい?
  • 皮むき道具はなにがいる?
  • 簡単にむける?

などなどわからないことだらけでした。

が!

結論から書くと、ナタ1本あれば皮むきできます!

 

とりあえず適当なナタでむいてみましょう

今回むいたのは11月に切り出されたスギ

(後述しますが、効率的な皮むきをするには不適な伐採時期です)

ぼくが持っているのはシルキーの片刃のナタ。

山で使う用なので、皮むきに買ったわけじゃありません。

とりあえずこれでむきました。

ナタの持ち手と先端を両手で持って、刃を手前に引きます。

むくのはむずかしくなく、わりと簡単にむけます。

いっぺんにベリベリはむけないので、小刻みに剥がしていく感じ。

長さ120cm、末口25cmの丸太で10分くらいでむき終わりました。

(慣れて効率をあげていけば5分でむけるようになりました)

ナタの切れ味はもちろん大事なので、刃こぼれなどしているなら研ぎ直すべきです。

 

丸太が水を含んでいるとむきやすい

木の切り旬というのはだいたい秋の彼岸~春の彼岸(9月〜3月)と言われています。

これは木が水を吸い上げるのをストップしている時期。

が、皮をむくのは水を吸い上げている時期のほうがむきやすいです。皮と木部のあいだにたくさん水が含まれていて、ベロっとむけます。

↓Youtubeの皮むき動画。春から夏にかけて切った木はいっぺんにベリベリむけます


今回のは切り旬に切られたスギですが、切られてそれほど経っていないので水もけっこう含んでいました。

↓皮の下の木部は35%の含水率でした。

これが1ヶ月くらい経つと徐々に乾燥してきて、皮と木部がくっついてむきにくくなりました。

なので皮むきするなら早めにこしたことはないと思います。

 

皮むき専用の鎌は使いづらい

ナタの他、皮むき専用の鎌をネットで見つけて購入しました。

取れ高は悪くありませんが、柄が長いぶん取り回しがやや不便。

細かいところの皮むきがやりづらいです。

ナタのほうが力も入るし、細かいところまでまんべんなく活躍するので、僕はナタがベストです。

使ってはいませんが、「ドローナイフ」という皮むき専用の両手持ちナイフでもいいかもしれません。

 

ほかの皮むき方法

Youtubeで検索すると、いろいろと皮むき方法がアップされています。

大量に原木の皮をむく製材所では、専用の大型皮むき機があります。

ほかには高圧洗浄機の水圧でむくのも効率的みたいです。

あとは電気カンナをつかっている動画もありました。

正直、大量にむくなら人力ではしんどいです…。

機械に頼るべきだなーと。

 

皮の利用方法

当然ですが、皮むきすれば大量の皮が出ます。

皮は乾かせばよく燃えるので焚き付けに良さそうですが、水をけっこう含んでいるので乾燥に時間もかかり、乾燥させるためのスペースも必要です。

なのでいまのところ、

  • 自分で燃やす
  • 焚き付けがほしいひとにあげる

以外の選択肢がない状態。

スギの皮は建築物の化粧材や屋根材として売られているので、きれいにはがしてうまい利用方法ができないかなーと思います。

↓京都の三年坂で見かけたスギ皮の壁。いい雰囲気。

 

・・・

以上、丸太の皮むきレポートでした。

おしまい!

 

コメント