プライベート以外で電話する機会は可能なかぎりなくなってほしい

雑記

いつも無駄だなーと思うことです。



OOK151013070I9A9870_TP_V

近所にある歯医者は電話予約しかできない。そして予約するとき、いつも電話越しで長いこと待たされる。

治療してほしい内容と希望の日時を伝える→

少々お待ちください→

(…長いこと待たされる)→

空いてないので○○はいかがでしょうか?→

そこは無理なので別の候補日をいくつか伝える→

少々お待ちください…(上手くいかなければ何回かループ)

ってなことがザラ。なにより最初の「少々お待ちください」の待ち時間が、電話を忘れてコーヒーでも淹れてるんじゃないかと思うくらい異常に長い…。

「いつ空いてるかがわからない」のはお互い無駄しかない

予約できる日時があらかじめわかってれば、そもそもこんな会話は起こらない。けれどその情報が予約する側に一切ない、「情報の非対称性」みたいな状況。

・サービスを受ける側(僕)が

・欲しい情報(予約できる日)に

・簡単にアクセスできない(電話で聞くしかない)

これってお互い無駄すぎるし何のメリットもないから、まっさきに改善すべきだと思う。

せめてGoogleカレンダーなんかで公開してほしい

通っているところは予約をノートで管理しているアナログっぷり。いやいや、ホームページ持ってるんだからGoogleカレンダーで予約一覧なりつくって公開しないの?と思う。

カレンダーの情報だけでだいぶ違うはず。電話する前にカレンダーを見ればいつ空いてるか分かるから、あらかじめそこから選択して予約すればいいだけ。電話越しで待たされる時間も解消される。

あとせっかくホームページがあるなら、そこから予約まで完結できるのが一番ラク。無料でつかえる予約管理のWebサービスもけっこうあるし、こういうのを利用しない理由が見あたらない。

調整さんカレンダー

そもそも電話予約以外の選択肢がほしい

電話は受ける側もかける側も、手間が大きすぎる。

受ける側
・いつかかってくるか分からない
・忙しいと取れないことも

かける側
・電話代がかかる
・かけても出ない可能性あり

お互い
・営業時間内しか連絡がとれない
・電話越しだと意思の疎通に時間がかかる
・別途メモなど記録に残さないといけない

今の時代、「急を要すること」「文字で伝えづらい込み入ったこと」以外の電話のメリットってほとんどない気がする。

・・・

プライベート以外で電話する機会は、可能なかぎりなくなってほしいと切に願います。

おしまい。

 

コメント