木の切り方

【伐倒道具】木を起こす「クサビ」の大・中・小を比べた結果、サイズ大を切ってみました。

木を切り倒すとき、チェーンソー以外に「クサビ」というものをよく使います。

木の重心を、倒したい方向へ移動させる道具です。

↓こんなやつ。

使い方は単純。

追い口の切れ込みに差して、ハンマーで少しずつ打ち込んで、徐々に木を傾けていきます。

木を傾ける以外にも、チェーンソーが木に挟まれないようスペース確保の役割もあって、伐倒に欠かせない道具です。

 

クサビも消耗品

自己管理の問題でもありますが、クサビは

・ハンマーで打ち付けるのでボロボロになってくる

・誤ってチェーンソーで切ってしまうことがある

・落として失くすことがある

という具合で、けっこうな消耗品です。

 

↓ボロボロのクサビ(チェーンソーで何回か切りました…)

 

クサビを大きさごとに比べてみる

クサビは「大・中・小」とサイズがあります。

最近、クサビ中を失くしてしまったので、同じサイズを買うついでにクサビ大も買いました。

ネットで安かった「安全クサビ」の大と中。

 

↓横からの写真。

長さは大27cm、中22cm、小15cmくらい。

肝心なのは角度(厚み)。見たところクサビ中とクサビ小は、長さが違うだけで角度は同じ。

それに比べてクサビ大は、クサビ中より角度が大きく、木を起こす(傾ける)能力も大きいようです。

 

クサビ大は長すぎるし重い

クサビ大は27cmもあるので「こんなもの持ち歩きたくない」と思いました。

それに木を起こす能力が大きくても、できるだけ奥まで打ち込めないとサイズ大の意味がないような…。

 

現在木を切っている現場だと、木の直径はだいたい30cm前後がメイン。そこまで大きくありません。

仮に直径30cmだとして、受け口が1/4で7.5cm、ツルが1/10で3cm。

すると残りは約20cm。クサビ大は2/3くらいまでしか打ち込めません。

 

結局、全部打ち込めるとしても、デカイし重いので持ち運ぶのがイヤなのは変わりません。

 

切ってみることに

そういえば以前、チェーンソーワークについて講習を受けたとき。講師の方でクサビ大の先を切って使っているのを見ました。

というわけで、同じようにクサビ大を切ってみました。

切る位置は悩んだ結果、打ち込み具合でいうとクサビ中の3/4、クサビ小のMAXあたりにしました。

↓黒ペンのラインで。

チェーンソーで切れるんだから大丈夫だろうと、ノコギリでぎこぎこやってみると簡単に切れました。

↓見た目美味しそうです。

残りの半分はクサビ小として使えそうですが、もう少し手前で切っといたほうがいいような気もしました。

 

メインで使うのは「クサビ中」に

切ったクサビ大は先っぽがないので、他のクサビを打ってスペース確保してからじゃないと打ち込めません。

今回「中」と「小」を比べてみて角度が同じだったので、あえて小を使う理由はないなーと思いました。

なのでメインで使うのは「中」を2本。もっと木を起こしたいときに片方を「大」に差し替える、という使い方かなと。

 

・・・

 

切ったことをめちゃくちゃ後悔するかもしれませんが、とりあえずそんな感じで使ってみる予定です。

 

※2017年11月追記

切らなかったほうが良かったです・・・。

長ければ、もっと早い段階で打ち込めたり、ツルを部分的に切ってそこに打ち込んで片側を起こす、といった使い方ができます。

しかも切ったクサビ大は、打ち込んでもぜんぜん入っていきません。先端のエッジがないぶん抵抗が大きすぎるのかも。

消耗したクサビならともかく、新品を切るのはナシです。

 

おしまい!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です