現金で支払うメリットが思いつかないことと、クレジットカードのメリット3つ

LINE Pay

コンビニのレジに並ぶと、自分と同年代の人が現金で支払っているのをよく見かけます。

「もったいないなー」と思います。

 

ここ1年くらいで現金をほとんど使わなくなりました。

基本的にはクレジットカードで済ませていて、クレジットカードの選択肢がないお店は、そもそも買い物する対象から外すようになってきました。

 

現金で支払うメリットが思いつかない」からです。

クレジットカードが優れている理由を3つ書いてみます。

[toc heading_levels=”2,3″]

 

1.速くてラク

支払いが現金より速いです。

たとえばコンビニでクレジットカードを使ってみます。

手順としては、

  1. クレジットカードで支払うことを伝える
  2. クレジットカードを渡す(もしくは自分でカードリーダーに通す)
  3. レシートとカードを受け取る
  4. 終わり

とくにサインなどする必要がありません。

お釣りのやりとりもないので、現金で払うより圧倒的に速くてラクです。

お店によってはサインが必要ですが(ホームセンターなど)、少なくとも日常生活で利用頻度の高い

  • コンビニ
  • スーパー
  • ガソリンスタンド

では不要な場合がほとんどです。

 

2.ポイントが貯まる

クレジットカードで決済するとポイントが付与されます。

僕が使っているカードだと、

  • 楽天カード:100円につき1ポイント(還元率1%)
  • LINE Payカード:100円につき2ポイント(還元率2%)

1ポイントは1円と同じように使えるので、金銭的なインセンティブがしっかりあります。

現金だとなにもありません。

 

たとえばスーパーで毎月30,000円の買い物をしているなら、LINE Payカードで支払えば600円が戻ってきます。

年間だと7,200円にもなるので、けっこうな額です。

 

3.お金の管理がラク

「お金の管理」というのは2つあります。

  • サイフの管理
  • 家計簿の管理

 

サイフの管理がラク

現金だと「いまサイフの中にいくらあるのか」を気にしないといけません。

おまけにお釣りで受け取った小銭は、持ち歩くのにとても不便。

小銭が溜まってくると最悪なので、わざわざ小銭を減らすためにいらない買い物をしたり、自動販売機で消化したりしていました。

何やってんのかわからなくなってきます。

 

クレジットカードなら、これ1枚を持っていれば利用限度額内で買い物ができます。

お釣りも発生しません。めちゃくちゃ身軽です。

 

※加えてクレジットカードは盗難保険が付帯しています。紛失して不正利用された場合でも保証があるので、その意味でも現金より安心できます。

外部リンク>>カード盗難保険の申請手続きについて教えてください:楽天カード

 

家計簿の管理がラク

現金だと使った履歴を管理するには、レシートか自分の記憶だけです。

家計簿をつけるにも、エクセルなら1件ごとに入力しないといけません。

クレジットカードは使用履歴をクラウド上で管理できます。

 

また、家計簿アプリをカードと連携させれば、複数のカードを一括で管理できます。

僕は「マネーフォワード」というアプリを使って管理しています。

クレジットカード以外にもネットバンクや証券などの資産情報も連携できるので、自分のお金が全部でいくらあるのかが簡単に把握できます。

手入力で調整する部分もありますが、支払い履歴が自動で更新されるのでめっちゃ便利です。

外部リンク>>家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

 

まとめ

クレジットカードのメリットをまとめると、

  • レジでの支払いが速い
  • ポイントが貯まる
  • お金の管理がラク

という感じです。デメリットが見当たりません。

現金は徐々に世の中からフェードアウトしていくんだろうなーと思います。

 

「クレジットカードってよくわからんから使うのが不安」というのは、僕も以前は思っていました。

そこはもう使ってみて勉強するしかないし、そんなに難しいものでもありません。

ネットで調べれば情報はいくらでもあるので、けっこう楽しく勉強できます。

 

僕は下記のブログがとても勉強になったので、参考にしてみてください。どちらも非常にわかりやくす解説してくれています。

 

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに特化した個人ブログ。ここを読めば体系的な知識がつきます。

 

ノマド的節約術

節約術に関するブログ。以前は個人ブログだったみたいですが、現在は複数のライターが執筆する節約術のウェブメディアになっています。

 

 

おしまい!

 

コメント