江ノ島にいって「江ノ島エスカー」に驚いた話

旅行記

2018年3月末、神奈川県の鎌倉を訪れました。

そこで観光がてら江ノ島にいったんですが、衝撃的なものに出会いました。

「あ、あれってこういうことだったのか!」とめちゃくちゃ驚きました。

早い話が「江ノ島エスカー」に驚いたんですが、なんでそんなに驚いたのか、そのわけについて書きます。

[toc]

アジカンの曲だと思ってた

ところで、僕は「アジアンカンフージェネレーション」というバンドがけっこう好きなんですが、彼らの5thアルバムに『サーフ ブンガク カマクラ』という作品があります。

すべての曲に江ノ電(江ノ島鉄道)の駅名がついていて、鎌倉愛に満ち満ちています。

 

「藤沢」から始まり「鎌倉」で終わる、『サーフ ブンガク カマクラ』の曲は下記のとおり。

  1. 藤沢ルーザー
  2. 鵠沼サーフ
  3. 江ノ島エスカー
  4. 腰越クライベイビー
  5. 七里ヶ浜スカイウォーク
  6. 稲村ヶ崎ジェーン
  7. 極楽寺ハートブレイク
  8. 長谷サンズ
  9. 由比ヶ浜カイト
  10. 鎌倉グッドバイ

 

…はい、この3曲めに「江ノ島エスカー」があります。

めっちゃくちゃいい曲で、このアルバムで僕は一番好きです。

(YouTubeになかったので、AWA(音楽配信サービス)のリンクを貼っておきます。サビだけ聞けます↓)

 

このアルバムが出たのは現在から10年前(10年前の僕はおそらく今より20倍くらいアホでした)。

今でもこのアルバムを聞いて「江ノ島エスカーいいね!」と思ってましたが、同時に

 

江ノ島エスカー = アジカンの曲である!

 

と、ずーと思っていました、江ノ島で発見するまでは。

 

あるじゃん江ノ島エスカー

そしてこのたび鎌倉に赴き、興奮しながら江ノ電に乗りました(当たり前だけど『サーフ ブンガク カマクラ』の駅ばっかりだったので)。

相模湾を横目に西へ歩き、

稲村ヶ崎から江ノ島を眺め、

鎌倉高校前で踏切の写真をとり(スラムダンク!)、

そうして吸い寄せられるように江ノ島へ。

 

 

そしてそれが目に飛び込んできました。

 

控えめに言って、死ぬほど驚きました。

「ああ、エスカレーターだったんだ。」

 

さんざん悩んだ結果、乗る

階段の多い江ノ島を、極めてロジスティックに、システマティックに、オートマティックに観光できる。

おまけにできるだけ外から見えないよう露出を控え、景観に配慮した小粋なエスカレーター。

それが江ノ島エスカー。

 

エスカーのある区画はたった3箇所。いわば乗るチャンスは3回しかありません。

自分の体力や体調を考えれば、どう考えても乗る必要なかったんですが、アジカンのエスカーが脳内で再生されつづけた結果、3つ目で乗ってしまいました。

ちなみに有料です。

 

 

 

 

 

 

1ミリも想像を裏切りませんでした。

 

頂上からの眺望は素晴らしいです!!

 

 

おしまい!

コメント