木のはなし

コナラがめちゃくちゃ重かったので、針葉樹と重さをくらべてみた。

広葉樹ってなんでこんなに重いんだ…。

コナラという木の丸太を人力で動かそうとしたとき、その重さにびっくりしました。

信じられないくらい重い…。

動かそうとした丸太は2mに小切っていますが、僕ひとりの力ではどうにもならない…。

ためしにどれくらい重いか、他の木とくらべてみました。

コナラとヒノキとアカマツ

比べた木は以下のとおり。左から

  • アカマツ:樹齢は約40年
  • ヒノキ:樹齢は約30年
  • コナラ:樹齢は約50年

年輪を数えたおおよよその樹齢です。

ちなみに長さは40cm、直径26〜28cmで同じくらいのサイズ。

だいたいの含水率は30〜35%くらいです(乾燥具合はもちろん重さに直結しますが、3つとも同じぐらいだと仮定します)。

 

結論:コナラがものすごく重い

体重計にのせて計りました。

結果

  • アカマツ:17kg
  • ヒノキ:17.5kg
  • コナラ:25kg

コナラが他のとくらべて8kgくらい重い。圧倒的な重さです。

先ほどの2mの丸太だと25kg×40cm5個分=125kgもあります。

(同じ計算だと2mヒノキで82kg。43kgの差)

 

普段は人工林に植えられたスギとヒノキばかり触っていますが、それと比べるとコナラは桁外れの重さでした…。

 

針葉樹と広葉樹の中身のちがい

今回の比較は樹齢がばらばらなので、年輪のいちばん多いコナラが重いのは当然といえば当然です。

けれど大きな違いとしては、コナラは広葉樹アカマツやヒノキは針葉樹だということ。

この2つは見た目ももちろんちがいますが、重さが違う理由として木の内部構造があります。

 

・針葉樹

「仮導管」と呼ばれる水を運ぶパイプラインが90%以上を占めます。血管のようなものですが、同時に木を支える筋肉のような役目もあります。

 

・広葉樹

「導管」が水を運ぶ血管の役割で、木を支えるのは「木繊維」という部分。ほかいろんな細胞があります。

 

そして木の中身は空気の隙間(空隙:くうげき)がたくさんあります。

空気の隙間は基本的に、

  • 針葉樹:広い(=軽い、柔らかい)
  • 広葉樹:せまい(=重い、固い)

という感じ。広葉樹は中身がぎっしり詰まっているのです。

※ちなみに英語では「ソフトウッド(針葉樹)」「ハードウッド(広葉樹)」と呼ばれたりします。

 

中身が詰まっていると火持ちもいい

中身がぎっしり詰まった木は、燃料として優秀です。

コナラはシイタケのホダ木によく使われますが、なにより薪にすると火持ちがめちゃくちゃ良いです。

薪ストーブユーザーはだいたい樫の木やコナラに夢中です(少なくとも僕の周りでは)。

今回比較した中でコナラはいちばん直径が細かったんですが、年輪を見ると詰まり具合が見て取れます。

ちなみに針葉樹でも、超有名な林業地で丁寧に育てられたスギ(吉野杉とか)なんかは年輪がめちゃくちゃ細かくて、ぎっしり詰まっています。

↓目の細かいスギの年輪

思わず「いい木だなー」と見とれてしまいます。

こんな木を燃やしたことはありませんが、火持ちはいいのではないか!と予想します。

 

・・・

 

以上、木の重さ比較についてでした。

おしまい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です