【林業】丸太の価格を左右する「材積」、けっこうざっくり計算します。

林業

立木をチェーンソーで切ってつくられるのが「丸太」。

原木(げんぼく)とも言ったります。林業にとって、基本的に丸太が商品になります。

↓原木市場にならべられた針葉樹の4m丸太。

建築材料につかわれる丸太の価格を決めるのは、体積が要素の1つです(丸太の体積は材積(ざいせき)と呼ばれます)。

今回は丸太の材積の計算方法について書きます。

 

材積の計算式

材積を出すには計算式があります。

「末口の径」×「末口の径」×「丸太の長さ」

です。用語を知らないとなんのこっちゃわからないので、具体的に説明してきます。

 

丸太には末口と元口がある

あたりまえですが、木は根本が一番太くて、上にいくほど細くなっています。

つまり、丸太もそうなっています。

根本側の太い切り口を元口(もとくち)、先端側の細い切り口を末口(すえくち)と呼びます。

↓真ん中の丸太は手前が元口、奥が末口

材積の計算では末口のサイズ丸太の長さが必要な数値になります。

 

末口のサイズはいちばん小さい場所

末口を測るには注意が必要です。

農林水産省の「素材の日本農林規格」という資料に、丸太の材積の計算方法が定められています。

そこでの末口の測定方法は、

①丸太の径は、最小径とする。

(中略)

④丸太の径の測定をするにあたっては、樹皮を除いて行うものとする。

(出典:素材の日本農林規格

これもあたりまえですが、丸太は完璧な円をしているわけじゃありません。

凹んでたりでっぱってたり、けっこういびつです。

丸太の中心をとおるようにして、いちばん小さい場所が末口のサイズになります。

このときに樹皮の部分は除外しないといけません。

 

「素材の日本農林規格」の材積の計算式

計算式も先ほどの資料「素材の日本農林規格」に規定があります。

引用すると、

丸太の材積は次の計算式を標準とする。

イ 長さが6メートル未満のもの

D2×L×1/10,000

補足すると、

  • D2:丸太の末口の二乗(cm単位)
  • L:丸太の長さ(m単位)
  • 小数点第4位以降は四捨五入

では!この計算式をもとに計算してみます。

例えば、末口が24cm、長さ4mの丸太だと

24×24×4×1/10000=0.2304

になるので、この丸太の材積は0.230㎥になります。

 

・・・なんか、かなりざっくりな計算方法です。

けれど、丸太は人工物じゃないのでいびつな上に、末口と元口があるので正確な計算がむずかしい。

市場では大量に丸太をさばいているだろうから、こんな簡易的な計算方法になったんでしょうか?

 

(※ちなみに6m以上の丸太ではややこしい別の計算式になります。)

 

0.23㎥の丸太の値段はいくら?

前述のとおり丸太の価格はおもに材積で決まります。

ほかの要素としては、その丸太が

  • まっすぐかどうか(直材、節、小曲がり、曲がり)
  • 腐りや傷、虫食いはないか
  • 樹種はなにか

でも大きく変わってきます。

とりあえず先ほどの0.23㎥丸太が「曲がり・ヒノキ・腐りなどなし」とすると

1㎥@13,000円×0.23=2,990円 になります。

㎥単価はあくまでも近隣地域の相場ですが、これが「末口24cmヒノキ4m丸太」の価格になります。

ヒノキなのでわりと高いほうで、スギだともっと安くなります。

 

んー、切るのも出すのも大変なんだけど、安いな。

関連記事:木は昔に比べて安くなったというけれど、丸太の価格がどれくらい安くなったのか調べてみた。

 

・・・

以上、丸太の材積の計算方法についてでした。

 

おしまい!

 

コメント