【動画あり】スウェーデントーチの着火方法を紹介します。

スウェーデントーチ

スウェーデントーチの着火方法について紹介します。

着火の動画を撮ってみました

着火させるまでの動画をつくりました。

手順や雰囲気がわかるかと思います。

(6分ほどのやや長い動画なので、手順だけみたい方は倍速で再生してみてください)

 

手順と用意するもの

手順は簡単です。マッチやライターで起こした火を、

着火剤 → 焚きつけ → トーチ

の順番に燃え移らせていきます。

 

必要なものはマッチやライター、あとは下記の2つです。

着火剤

着火剤とは、可燃物に着火するのを助けるための燃焼剤です。ホームセンターなんかで売っています。

固形のもの、ジェル状のもの、パック入りのものなどいろいろあります。

これをトーチの中心に置いて、マッチなどで火をつけます。

僕はユニフレームの「森の着火剤」が好きでつかっています。

ほかの着火剤にくらべて火がつきにくく火力も弱いですが、ゆっくり長く燃えてくれます。灯油なんかの強い匂いもありません。

ちなみに間伐材を利用してつくられています。

 

焚きつけ

焚きつけは、トーチに引火させるための火種の役割をする可燃物です。

焚き付けをつかう理由は、着火剤だけではトーチに燃え移らないことがあるからです。

焚き付けを燃やして火力をあげることで、トーチに引火させます。

僕は乾燥した竹を割ったものを焚き付けとしてつかっています。

竹は油分を多く含んでいてよく燃えて、燃え尽きるのも早すぎないので焚きつけとして優秀です。

竹でなくても、

  • 燃えやすい
  • たくさん燃やせる
  • すぐに燃え尽きない

ようなものなら焚きつけとしてつかえます。枯れ枝や細く割った木っ端なんかは焚きつけに最適です。割り箸でもできなくはありません。

 

・・・

以上、スウェーデントーチの着火方法の紹介でした。

慣れればとっても簡単です。

 

おしまい!

 

コメント