スウェーデントーチの上で網焼きをしてみた。

スウェーデントーチ

タイトルのとおり、スウェーデントーチの上で網焼きを試してみました。

(スウェーデントーチがなにかはこちらの記事)

 

結論、

うん、網焼きはだめだー

 

 

どうしてもやりたかったら試してみてください!

 

用意したもの

  • スウェーデントーチ(ヒノキ、6等分)
  • 着火剤
  • かすがい
  • 金槌
  • 適当な食材(冷蔵庫にあった野菜とウィンナー)

 

かすがいでトーチに五徳をつくる

網焼きするためには網を乗っける五徳のようなものが必要です。

今回はかすがい(コの字の釘)でつくってみました。

ホームセンターで束で100円くらい。いちばん小さいサイズでOK。

金槌で軽く打ち込むだけ。3つで安定しなければもっと打つべし。

網を乗っければもう完成。

 

火をつけて燻る感じになったら焼く

いつものように着火剤で火をつけます。

ここからがポイント。

スウェーデントーチは炎が「立ち昇っているとき」と「燻っているとき」があります。

立ち昇っているときに食材を焼くなら一瞬で黒焦げになるので、今回は燻っているときで焼きました。

↓こんな状態の火。

意図的に空気を送らなければ、炎が立ち昇ることはありませんでした。

焼くというより、煙で熱している感じになりました。

でも美味そう!

 

食べてみた結果、野菜めっちゃまずい…

野菜はピーマン、玉ねぎ、ナスを焼きましたが、全部めっちゃくちゃまずかったです…。

なぜだー!

自分の舌がおかしくなったのかと思うくらい、酸味と雑味がやばかった。

でもいっしょに焼いていたウィンナーは安定した美味しさでした。

 

おそらく燻製みたいな感じになったのが良くなかったのか?

もうまったく知識がないので「野菜 燻製」でググってみると下記の記事がヒット。

参考:野菜の燻製は想像以上に美味しくないので絶対にオススメしない!(外部リンク)

まずくなる仕組みが知りたかったけどよくわからん…。

とりあえず野菜の燻製はダメっぽいです。

 

フライパン+最大火力でリベンジ

もうまったく趣旨かわっちゃいますが、残りの食材はフライパンで焼きました。

燻っている火では火力が足りないので、息を思いっきり吹きかけて最大火力。

オラァァァ!

べらぼうに火が強いので火傷に要注意。

そしてあっという間に焼けました。

これは普通に美味しかったです。

 

まとめ:トーチで料理するなら道具が必要

スウェーデントーチは火力が強いので、直火での料理は難しいと思いました。

なので鍋とかフライパンは必須です。

 

ちなみにフライパンを外すと、いい感じに炎が立ち昇っていました。

やっぱりトーチは炎がきれいですねー。

 

 

おしまい!

コメント