林業用の巻き尺「ロガーテープ」は丸太の採寸に超便利。

林業

切り倒した木を適当な長さに小切るとき、「ロガーテープ」が活躍します。

ロガーテープは林業用の巻き尺のこと。

これをつかえば、長い木を効率よく採寸できます。

(僕がつかっているのはオレゴンの15mロガーテープです)

先端がフックになっている

最大の特徴は巻き尺の先端がフックになっていること。

ロガーテープを腰にぶら下げて、フックを木の端っこに差し込んで、そこから巻き尺を伸ばしていきます。

チェーンソーで枝払いしながら同時に採寸できるので、効率的に作業できます。

目的の長さまで伸ばしたら、そこにチェーンソーやノコギリで印をつけます。

そしてそのままロガーテープが続くかぎり、先端を付け替えずに続けて採寸できます

たとえば4m・4m・4m、3m・4m・4mなんかの組み合わせで採寸できます。

(巻き尺の長さは最大15m、20mの2種類あります)

採寸が終わったら自動で収納

先端のフックは3段階に角度が変わるようになっています。

巻き尺を軽く引っ張ればフックが解放されます。

なので採寸が終わったらかるく巻き尺を引っ張れば、するすると自動で収納されます。

これもめちゃくちゃ便利。

 

欠点①:短尺モノや精密な採寸には不向き

巻き尺の目盛りは1cm刻みです。

数字の表記は10cm刻み。50cm未満は表記がありません。

ちなみに目盛りのスタートの基準は、フックが刺さっているところがゼロになります。けっこうアバウト。

なので、

  • 50cm未満で測りたい
  • 精密に長さを測りたい

なんかの場合、ロガーテープはあまり役に立ちません。

欠点②:値段が高い

結構いい値段します。

僕が使っているオレゴンの15mロガーテープは5000円〜7000円くらいします。

 

欠点③:重い

慣れてくればそこまで気になりませんが、腰にぶら下げるとけっこうな重量感があります。

商品説明を見ると、重さは558gもあります。

 

欠点④:ヘビーに使っていると壊れる

1年半くらいの使用で2箇所ほどトラブルがありました。

 

・フック

山の中で使っていると、フックはいろんなところに引っかかります。

強固に引っかかったとき、無理に引っ張るとフックの接続部分が外れて紛失しました。

なので収納するときは無理に引っ張らないこと

 

・巻き尺の接続部分の破断

50cm部分のところにつなぎ目があります。ここが切れました。

金属でかしめてある部分なので、針金でつなぎ直して防水テープを巻いて修理しました。

 

ただし、壊れてもロガーテープは交換バーツが販売されているので修理できます。

とくに先端のフックは300円程度で買えるので、予備を持っておくくらいがいいかも。

 

まとめ:丸太の採寸には最高

欠点をいろいろ挙げましたが、丸太を採寸するには最高だと思います。

枝払いしながら同時に採寸できるので、まさに一石二鳥な感じ。

長尺の丸太を測ることがあるなら、持っていて損はない道具です!

 

 

おしまい!

コメント