ヒノキの輪切りを磨いてレーザーカッターで刻印してみました。

レーザーカッター

タイトルのとおり、自分で切ったヒノキの輪切りを磨いて、レーザーカッターで加工してみました。

ヒノキの状態

・直径は約20cm

・厚みは約2cm

・輪切りにしてから新聞紙にくるんで、1ヶ月くらい納屋で自然乾燥(=放置)

→包装を開けてみるとカビだらけ(でも割れてない!)

 

輪切りは自然乾燥させると高確率で割れます。なので割れてないのは驚きました。

・新聞紙で包んだ

・室内で乾燥させた

・そもそも乾燥させてるのを忘れていた

なんかが良かったのかもしれません。

 

 

乾燥具合をチェック

含水計でヒノキの4箇所を計測してみました。

①中心:14%

②ちょい端:20%

③端っこ:20%

④樹皮:23%

 

というわけで概ね20%、十分乾燥していると思います。

フジモックフェスで教わったとおり、中心が一番水分が少ない。

 

※フジモックフェスについては下記リンク参照(チームでやってるブログの記事です)

>>富士の間伐材からアイデアを形にする、FUJIMOCK FES 2017に参加してきました。

 

 

ひたすらヤスリがけ

チェーンソーでカットしているので、断面はけっこうデコボコ。

そこをサンドペーパーでひたすら磨きます。

・・・15分後。

デコボコをなくすにはサンドペーパーだとこれが限界。でもカビも取れたし、けっこういい感じです。

 

そして裏返すと!

もちろんデコボコカビだらけ。これも15分かけて磨きました。

 

 

磨き終わり

やっぱりヒノキは中心の色あいがとてもきれいです(スギだと黒っぽくなる)。

 

 

レーザーカッターで刻印

僕が休日に手入れを手伝っている山があるんですが、その団体の名前をレーザーで刻印してみました。

レーザーカッターは「Fabool Laser Mini(3.5Wモデル)」、データはインクスケープでつくりました。

 

デザインについてはあんまり考えずに作りましたが、レーザーカッターのパラメータ調整、インクスケープのデータ作成(とくにストロークの設定)に苦戦しました。

結果、自分としてはいい感じに出来たと思います。

 

今後に考えること

もっとクオリティを上げたいので、

・輪切りの乾燥条件の再チェック(新聞紙に包むとホントに割れない?)

・断面のやすりがけの精度(ベルトサンダーほしい…)

・インクスケープをもっと使いこなす

・デザインについてちょっと勉強する

・屋外に置いた場合の劣化具合を観察

なんかをやっていきます。

 

個人的に、原木はあまり手を加えないほうが魅力的だと思います。

 

 

※2018年1月追記

ベルトサンダーでゴリゴリ削ってみました。

さすがサンダー、めちゃめちゃきれいに平面が出ます。

 

 

おしまい。

 

 

コメント