【メモ】初めてのスタッドレスタイヤ交換。その手順と使った工具など。

メモ

11月後半くらいから国道9号線を走ると、スタッドレスタイヤ着用の注意看板が目につきました。

 

以前に住んでいた岡山県南部は1年に1回雪が積もるかどうか、くらいでした。けれど津和野地域の冬は積雪があり、スノータイヤが必要。

そして12月初旬、津和野に越してきて初めて降雪を見ました。いいかげんスタッドレスタイヤに替えなければ。

・・・というわけで、生まれて初めてやったタイヤ交換について、手順をわすれないためにメモします。

 

※下調べで参考にしたwebサイト
>>これなら女性でも出来る!タイヤ交換方法

>>タイヤ交換の方法~失敗しないための14の手順~

[toc heading_levels=”2,3″]

タイヤのほかに用意した道具

車の取扱説明書

タイヤ交換の方法は、取扱説明書を読めば書いてあります(読むとたいして難しくないことがわかるので安心できます)。

あとはナットの締め付けトルクやローテーションの順番も書いてあるので、読んだほうがいいです。

替えのナット(購入)

スタッドレスタイヤを買うついでに、替えの新品ナットも何となく買いました(既存のナットでも問題ないはずなので、買う必要ないっぽい)。

トルクレンチ(購入)

タイヤを止めているナットには、締め付ける力の規定があります。その力(トルク)を測れるのがトルクレンチ。そこまで正確に測って締める必要もない気がしますが、念のため購入して使いました。

ジャッキ(装備品)

ホイールナットレンチ(装備品)

軍手

ウエス

 

1.車体の安定確保

アスファルトやコンクリートのしっかり安定した場所に車を停めます。

そして確実にサイドブレーキをかけて、マニュアル車はシフトを1速に入れておきます。

最後に、交換するタイヤの対角線上のタイヤに輪留めをします(適当な石でやりました)。

 

2.ナットを軽く緩める

交換するタイヤのナットを、ホイールナットレンチを使ってかるく緩めておきます。けっこう力がいります。

と書きましたが僕の場合、装備品のホイールナットレンチが入らなかったので、「クロスレンチ(薄口仕様)」を別途amazonで購入して外しました。

ホイールが純正じゃない場合は注意が必要かも。

クロスレンチは両手で回せるので、力が入れやすく簡単でオススメだと思います。


メルテック クロスレンチ 薄型ソケット仕様 ソケットサイズ:17/19/21/23mm Meltec F-43

 

3.ジャッキアップ

装備品のジャッキを使って車体を持ち上げます。

ジャッキは指定のセット位置があります。取り扱い説明書で確認できます。

 

4.ナット、タイヤを取り外す

ナットを緩めて外し、それからタイヤを外します。

外すとこんな感じ。

「ホイールと本体の接触面が汚れてたらキレイにしたほうがいいよ」的なことが書いてあったので、ウエスでゴシゴシ拭いてみました。

 

5.タイヤをはめてナットを軽く締める

タイヤががたつかない程度にナットを締めます。ナットは先端の細い側が内側です。

ナットを締める順番は4穴の場合、対角線上に「上下左右」の順。完全にではなく80%くらい締める感じです。

 

6.ジャッキを下げ、ナットを締め上げる

タイヤを地面に接地させ、最後にトルクレンチで締め上げます。

規定トルクは説明書に書いてあるので、それをもとにトルクレンチの目盛りを設定。

締める順番は先ほどと同じ、対角線順です。

トルクレンチは設定した力が加わると、それ以上は力が抜けて「カキンッ」と音がします。ちょっとクセになる音です。

こいつもamazonで買いました。ホームセンターのカー用品コーナーでも売ってます。


BAL ( 大橋産業 ) トルクレンチ 2059

 

7.外したタイヤにメモして保管

外したタイヤがどこについていたか、テープなどでメモしておきます。

次回交換のとき、「同じ場所に取り付ける」「ローテーションさせる」ためにメモしておかないと確実にわからなくなります。

ローテーションの順番も説明書に書いてあります。

あとは軽く汚れをおとす、ビニール袋に入れるなりして、日陰や屋内に保管。

 

8.空気圧チェック

タイヤの空気圧をチェックします。指定空気圧は運転席ドアを開けた、普段ドアで隠れている部分(シートベルトの近く)に表記されています。

エアゲージとコンプレッサーがあれば自分で調整できますが、なければガソリンスタンドでできます。

↓こんなやつが置いてあります。

あとはしばらく走行して、ナットの緩みがないか確認したほうが無難です。

 

タイヤ交換の所用時間

初めてやりましたが、1本10分、片付けなんかも含めると全部で50〜60分くらい。作業自体は簡単ですが、やっぱりまとまった時間がかかります。

今回は日没までのリミットに追われながら作業したので、余裕をもって作業するのが大事だなーと反省しました。

 

おしまい!

 

 

コメント